世界中で使用される「TOEIC」とは??社会人の私がTOEICを受験する理由

投稿者: | 2017年8月3日
Pocket

TOEICとは英語が母国語でない人のためのテストで、
英語コミュニケーション能力を評価する世界標準の基準として利用されてます。

英検や学校の試験と違って
合格不合格や100点満点ではなく、10→990というスコアで結果がでる
・世界約160過酷で実施されているグローバルスタンダード
・知識や教養としての英語より実用的、ビジネスシーンで使用する英語が出題される

という点に特徴があります。

TOEICは複数種類があります。
Listening & Reading Test
Speaking & Writing Tests
など。

私は一番一般的なリスニング&リーディングテストの勉強をしています。
入社試験や上級試験で求められるTOEICスコアはSpeaking & Writing Testsのスコアであることがおおいです。

TOEICを受けることは
・大学入学、単位認定、留学
・就職活動、公務員試験
・昇進、昇格、海外赴任
など、自分の可能性を広げてくれるので受験者は年々増えています。

私は高校受験、大学受験、就職活動 で
その都度英語という壁にぶちあたってきました。
中学のころは英語は五段階評価でいつも2
高校のころは英語、リーディング、ライティングは五段階評価で1と2
英語できな過ぎて保護者呼び出しされたくらい苦手でした。
大学受験のために受けた模試では偏差値35~39でした

学生のころも、社会人になってからも
英語ができないためにあきらめたものも数多いです。
コンプレックスを減らすために TOEICを受験してスコア800を目指したいと思います

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です